三江線や沿線風景をお楽しみください。でも車両を撮るのは苦手です(^_^;)


by tamiki73

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
三江線
イベント
メモ
カテゴリ(2)

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

最新のコメント

> ぼんご太郎さん コ..
by tamiki73 at 13:03
例年にない降雪に見舞わて..
by ぼんご太郎 at 13:31
> こわっぱフォトライフ..
by tamiki73 at 12:47
昨日三良坂平和美術館を訪..
by こわっぱフォトライフ at 09:50
> yurutetury..
by tamiki73 at 23:24
おはようございます、ヒト..
by yuruteturyojyou at 10:07
>独人さん 先日はお疲..
by tamiki73 at 05:42
昨日はどうもありがとうご..
by 独人 at 16:23
>ヒトミさん ありがと..
by tamiki73 at 04:37
今晩は、ヒトミです。 ..
by yuruteturyojyou at 20:53

お気に入りサイト

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機

画像一覧

<   2017年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

川面に溶けゆく

日が沈み、山々を闇が覆い始める頃。
江の川のせせらぎが、夕闇に白く浮かび上がる。
三次行きの最終列車が過ぎゆく川面には、テールライトの赤い光が
ゆっくりと溶けていく。

f0136878_21551151.jpg


(三江線 作木口駅ー香淀駅)


[PR]
by tamiki73 | 2017-06-22 21:56 | 三江線 | Comments(0)

潮風に揺れる午後に

梅雨晴れが続く日々。今日も肌を焦がされそうなほどの強い日射しが
照りつける。
江の川の河口近くの護岸には係留された小船が潮風に揺れている。
その向こうを、ゆっくりと列車は進んでいった。

f0136878_22304703.jpg


(三江線 江津本町駅ー千金駅)


[PR]
by tamiki73 | 2017-06-18 22:37 | 三江線 | Comments(0)

ホタル舞う夜に

せせらぎの音とカエルの鳴き声がだけが響く、夕闇迫る宇都井駅。
夜の帳が下りた頃、川岸の茂みからホタルの光が飛び始める。
やがて川全体にホタルが乱舞し、時の経つのを忘れてシャッターを
押し続けた。



f0136878_06314981.jpg

(三江線 宇都井駅)


[PR]
by tamiki73 | 2017-06-17 22:17 | 三江線 | Comments(0)

花栗薫る朝に

霧に包まれた早朝の香淀駅。
駅のすぐ近くでは淡黄色の栗の花がいっぱいに咲き、その独特の香りが
遠く離れた場所にまで届いてくる。

梅雨ならではの光景に目を細めながら列車の到着に合わせてシャッターを切る。
やがて幾人かの通学生を乗せて、列車はゆっくりとホームを発っていった。



f0136878_22493221.jpg



(三江線 香淀駅)



[PR]
by tamiki73 | 2017-06-16 22:57 | 三江線 | Comments(0)

トワイライトタイム

最終列車の交換が終わっても明るさの残るこの時間。
ホームの向こうに広がる西の空は絶妙のグラデーションを魅せながら
焼け落ちていく。

空に浮かぶ雲はゆっくりと流れながら、やがて主役は星たちへと移り
変わっていく。

f0136878_22102499.jpg




(三江線 式敷駅)

[PR]
by tamiki73 | 2017-06-15 22:02 | 三江線 | Comments(0)

水面が滑らかさを取り戻す頃

日中強かった日射しと風も夕方になるとすっかり収まり、
西日が鉄橋背後にある山々をドラマチックに照らし続ける。

江の川の水面が滑らかさを取り戻す頃、列車が
谷間に小気味よいリズムを響かせながら渡っていく。

f0136878_22381599.jpg

(三江線 香淀駅ー式敷駅)




[PR]
by tamiki73 | 2017-06-14 22:47 | 三江線 | Comments(0)

斜光線をいっぱいに浴びて

梅雨の季節にも関わらず、今日も相変わらず爽やかな晴れ間が広がった。
江の川の水位もいつもより低めで、普段は見ることの無い川底の岩が顔を
覗かせている。

岸辺に繁る木々が斜光線をいっぱいに浴びて黄緑に輝く頃、車体を
光らせながら列車はホームに滑り込む。


f0136878_22163865.jpg

(三江線 信木駅)

[PR]
by tamiki73 | 2017-06-13 22:18 | 三江線 | Comments(0)

朝靄の鉄橋を渡る

朝靄に包まれた第3可愛川橋梁。
霞の向こうから現れた列車は、鉄橋を叩きながら一気に渡りきる。

つい先日植えられたばかりと思っていた田んぼの苗も、
いつの間にかどんどん育って、季節の歩みを感じる


f0136878_18263904.jpg


















(三江線 作木口駅ー香淀駅)







[PR]
by tamiki73 | 2017-06-12 21:06 | 三江線 | Comments(0)

梅雨晴れに新緑が映えて

梅雨晴れの新緑を背景にした第3江川橋梁。
列車は鉄橋の上を颯爽と走り抜けてトンネルへと消えていった。


f0136878_18265427.jpg

































(三江線 宇都井駅ー伊賀和志駅)










[PR]
by tamiki73 | 2017-06-10 20:15 | 三江線 | Comments(0)

河口の街へと走り行く

梅雨晴れの一日となった夕刻、西の空が穏やかに染まり始める。
江の川に寄り沿いながら中国山地を走リ抜けてきた列車が、
日本海の夕陽を浴びながら江津駅へとエンジンを響かせる。

f0136878_21351182.jpg

















(三江線 江津駅ー江津本町駅)
[PR]
by tamiki73 | 2017-06-09 21:32 | 三江線 | Comments(0)